小児歯科治療

子供のうちから歯医者さんに慣れてもらう

小児歯科治療当院では、子供のうちから歯医者さんに慣れてもらうために、お母さまと一緒に気軽にご来院いただくようご説明しております。
子供の歯の基本は、できるだけむし歯にならないような予防です。むし歯になってからの痛みを伴う治療はお子さまにとっても良いことではありません。

気軽に歯医者さんに通いながらお口の中を確認し、早め早めの対策を行うことが、お子さまにとって良いことであると考えています。

そのため当院では、診療室内にキッズスペースをご用意しております。お母さまの治療のあいだなどもこちらで遊びながら、院内の雰囲気に慣れていただきます。

小児の検診

1.歯の生え始め(乳児期)

上の歯が生え始めたら、水を含ませたガーゼや脱脂綿で歯の表面の汚れをやさしく拭きとってください。
なんでもお口に入れたがる時期なので、遊びのなかに歯ブラシを取り入れるのもよいでしょう。
お母さまは、お口の中をよくチェックするようにしてください。

2.フッ素塗布とシーラント治療

お子さまの歯科治療では、歯の定期検診や定期的なフッ素塗布を行い、むし歯予防や歯の強化に努めています。
また、奥歯の溝は複雑な形をしているため歯ブラシの毛先が入りにくく、むし歯になりやすくなります。その奥歯の溝をプラスチックで塞ぐ虫歯予防として、シーラント治療も行っています。
さらに、お子さまの歯並びに不安がある場合には、矯正専門医による矯正相談も行っておりますので、お気軽にご相談ください。

3.1歳(乳児期)

朝と晩に、歯ブラシを使ってやさしく歯の表面の汚れをとってあげてください。

4.1歳6ヶ月~2歳

お子さまのお口のサイズに合った歯ブラシを選んでください。

自分で歯ブラシをもたせ、歯みがきをさせてあげましょう。磨き方は不十分ですので、必ず最後は仕上げ磨きをしてあげてください。
3歳まではむし歯を作らないように心がけてください。

5.3歳以降

自分で磨けるようになります。ただし、お母さまの仕上げ磨きは必ず行ってあげてくださいね。