むし歯の治療

むし歯治療で大切なこと

当院では、“できるだけ歯を残す”ことを再優先にした治療を行います。
歯は、歯の根っことなる神経を抜いてしまうと血液も酸素も行き届かなくなり、最終的には抜け落ちてしまいます。そのため、むし歯が神経を抜かなければならない段階まで進行することのないように、できるだけ早い段階での治療の徹底を大切にしています。

そのためにも定期的に歯科検診にお越しいただいて、むし歯や歯周病のチェックをして、早期に対応できるものは早期に対応するという、現状以上にむし歯が進行しないような治療をご提案しております。

むし歯の進行に応じた治療

C1

C1:むし歯がエナメル質に限局している状態

あまりにも小さい状態であれば、なにも処置をせずに経過観察します。
放置すると進行してしまいそうな場合には最小限に削り、埋めていきます。

C2

C2:むし歯が象牙質に浸潤している状態

まだ神経に達していない場合は、削って型取りをして、インレーを被せます。
その際には痛みが生じるので麻酔をいたします。

C3

C3:むし歯が歯髄まで達した状態

むし歯が神経まで達すると強い痛みが生じます。
大きく削り、神経を抜く必要があります。削ったあとにはクラウンなどを被せていきます。

C4

C4むし歯が歯髄深く達し膿んだ状態

神経が死んでしまった状態で膿などをもち炎症が強い場合には、抜歯せざるを得ない状態になります。