入れ歯の治療

ノンクラスプデンチャー

これまでの入れ歯は、バネ(ハリガネ)のあるタイプが主流でした。しかしながらそのタイプには、「大きく口を開けたときに銀のハリガネが見えていやだ」という声が寄せられることがありました。その思いにお応えして、当院ではバネのないタイプの入れ歯・ノンクラスプデンチャーもご提供しております。
ノンクラスプデンチャーはポリエステル樹脂でできている部分入れ歯なので、ハリガネが見える心配はいりません。薄くて軽く、弾力性もあるため、非常につけ心地のよい入れ歯です。
さらに見た目も良く、大きな口を開けて笑っても入れ歯をつけているということはほとんどわかりません。「笑顔に自信が持てる」と、とてもご好評の入れ歯です。


ノンクラスプデンチャー

金属床義歯

金属床義歯は、義歯の床が金属で出来ている入れ歯です。義歯床を金属にすることで、入れ歯を薄くすることができます。そのため保険の義歯よりも会話をしやすく、口の中の違和感も少ないので、総入れ歯に向いています。
ただし、金属床の義歯は保険外診療となります。ご希望される方はお気軽にご相談ください。


金属床義歯